はなのき

文字サイズ

先輩インタビューInterview

先輩インタビュー
生活相談員・社会福祉主事 武石 歩隆

01.はなのきで働くことを決めた理由

以前は同じ事業部内の訪問マッサージの部門で視覚障害を持ったマッサージ師の先生の運転手や営業の仕事をしていました。その後、大学時代に取得した生活相談員の資格が活かせるとのことで神の倉店で働くことになりました。
事業部内にデイサービスがあるのは知っていましたが、実際にデイで働くのは初めての経験であり、当初は戸惑うことも多々ありました。しかし、「元気なシニアを増やして社会 貢献する」という当事業部のメインテーマを肌で実感できる職場であり、毎日楽しみなが ら仕事に励んでいます。

02.仕事でやりがいを感じる点

リハビリ型のデイサービスの一番の目的は利用者さまの日常動作を改善し、快適な暮らしを送れるようサポートすることにあると思います。ただ、正直なところご病気の進行により回復が難しいケースもあります。しかし、そうした利用者さまが「みんなの顔見ると元気なるのよ」「みんなと話すのが楽しいからここに来ているんだ」などと言ってくださることがあります。お体のこと以外にもそうした気持ちの部分で少しでも楽しい時間を過ごしていただけることはやりがいの1つです。

また、デイサービスでの仕事は利用者さまやそのご家族さま、ケアマネジャーさまなど実に様々な方々と接します。皆さまはなのきを信頼してくださっているからこそ通っていただけるものだと思いますので、普段の言葉遣いや電話の取り方、また、ご迷惑をおかけしてしまった時の対応などを経験することで人として、社会人として成長を感じることがで きます。

03.どんな人と働いていきたいか

利用者さまを元気にする仕事ですので明るく活発な人、また、利用者さまはそれぞれお体にお悩みがある方々が通われているのでそのお気持ちに共感できる人、寄り添える人に来ていただければと思います。



先輩インタビューをもっと見る